毛の長いカーペットの掃除方法|アレで根元のごみを簡単ごっそり除去

柔らかい肌触り、ほどよいぬくもり。これぞ「モフモフ」。ストレスでささくれだった人の癒しに絶大なる効果を発揮します。犬や猫といったモフもたまりませんが、全身を預けられるカーペットがモフモフしていたら…それはもう至福と言えましょう。

そんなモフモフふわふわのカーペットですが、購入して時間が経つとふと疑問が浮かびます。「…果たしてキミはきれいなのか?」頻繁に掃除機をかけてはいても、見えにくいところにホコリやら汚いものを隠し持っていないのか不安になるのです。

そんなとき、頼れるのはやっぱりおばあちゃんの知恵!今回も、そこまで手間をかけず、キッチンにある身近な調味料で掃除できてしまう方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

毛の長いふかふかのカーペットはあの調味料で簡単お掃除

毛の長いカーペットのお掃除に使うのは、

です!

塩を使った毛の長いカーペットの掃除方法

  1. 塩をカーペット全体にまく
  2. 手でなじませる
  3. 掃除機をかける

①塩をカーペット全体にまく

まずお塩を、カーペット全体にまんべんなくかけます。力士が土俵へ上がるときの気持ちでばーっといきましょう。

ばーっとまきました。

②手でなじませる

塩を手でなじませます。

手でなじませると、塩はすぐに表面から見えなくなります。

③掃除機をかける

全体に塩を手でなじませたら、掃除機をかけます。カーペットの掃除機のかけ方のコツは、①ゆっくり②毛の流れに逆らって③縦方向にも横方向にもかけることです。これは塩を使って掃除をする今回に限らず、この3点を毎回意識してかけるとよいです。

掃除機をかけた結果…

ちょ…これ…何じゃこりゃ?!きったな!!!一応今日、先に掃除機かけたんですよ?!たまに洗濯してたんですよ?!なのに…なのに…ホコリやらペットの毛やらがこんなにごっそり…ワタクシ、動揺を隠しきれません…ちなみに、左奥のねずみ色の粉っぽいのが塩です。いやはや、おそるべし塩…皆様もぜひお試しください。衝撃的な量のごみが取れるかもしれません…

また、カーペットの間に入り込んだ塩は一度ですんなり全てを回収することはなかなか難しいです。塩で掃除してからしばらくは、いつもより念入りに掃除機をかけるようにしましょう。掃除機によるかもしれませんが、塩を吸い込んだとき掃除機がカリカリ音をたてるので、その音が塩が残っていないかどうかの判断基準の一つになると思います。まぁでもしばらくは何回掃除機かけても塩と一緒に引くほどの量のほこりがごっそり取れるのでお楽しみいただければと思います。

いつの間にかついたシミに効くおばあちゃんの知恵

機嫌よく掃除機をかけていたら…ん?何だ、このシミ?ってことありますよね。いつの間にかついた原因不明の汚れにはレモンが有効です。やり方もとっても簡単。熱いお湯で絞った布で汚れ部分を拭いたら、輪切りにしたレモンでこするだけ。レモンには漂白効果があるので、ほとんどのシミに効果がありますよ。

入り込んだ小さなゴミはアレをしてこすればどんどん取れる

毛の長くないカーペットでも、意外に毛と毛の間の奥の方にゴミがたまっていたりするものです。そんな普通のカーペットを念入りにお掃除したいときは、

ゴム手袋が活躍します!こちらの掃除法もとっても簡単!

ゴム手袋をはめて、カーペットをこするだけ。

ホコリが出てきました。ここもさっき掃除機かけたのになぁ…

ゴム手袋がないときはタワシでも代用可能。乾いたタワシを毛の流れと逆方向にブラッシング。それから、今度は毛の流れにそってもう一度ブラッシングすれば、汚れが取れ、毛足もそろってとってもきれいになります。

でも、正直なところこの方法、結構大変です…体力要ります。昨日ピラティスやったせいか腹筋が辛かったです。なので、運動兼ねてお掃除!と思ってやられることをお勧めいたします。

カーペットの臭いは重曹で

カーペットの臭いが気になる場合は、重曹を使いましょう。重曹は中和作用によって、酸性の臭いの元を分解・消臭してくれます。やり方は、重曹を粉のままカーペットにまき、軽くすり込んだらしばらく放置。重曹はすぐに効果を発揮するわけではないので、夜寝る前にまいておくのもよいです。最後に、掃除機で吸い込めば、湿気も臭いも取れます。

スポンサーリンク

ダニ対策にはとにかく除湿、こまめに換気、掃除機がけを

カーペットは、ダニについても気になります。ダニは湿気を好むものなので、とにかく除湿が大切。干せるサイズのものなら定期的に外で干して、日光を当て、難しければこまめに換気をしましょう。

また、ダニは高温で死滅するので、高温のスチームアイロンをかけてから掃除機をかけるとよいです。

とはいえ、これはなかなか大仕事。こまめに換気し、できるだけ頻繁に掃除機をかけることが一番実践しやすいダニ対策でしょうか。

忙しくて、なかなか掃除機をかけられない…という方は、プロにお願いすることもテです。


本日のまとめ

  • 毛の長いカーペットの掃除には塩
  • 普通のカーペットの掃除はゴム手袋が便利
  • ダニ対策にはこまめに換気、掃除機がけ

今日はもう、カーペットのホコリが衝撃すぎて…これから他のカーペットもやってみようと思います。やっぱり何でもごっそり取れるって嬉しいものですから♪

スポンサーリンク