カレーを常温で寝かせるのは危険!その理由と正しい保存方法を解説

トイレ立てこもり事件。急性胃腸炎になることを友人がこう呼びました。言いえて妙とはこのことです。私も二度ほどなったことがありますが、ほんとにトイレに立てこもるしかありません…二度、いえ三度となりたくないです。

どんな食べ物も当たったら怖いもの。しっかり加熱すれば殺菌できて防げるものも多いですが、たとえ加熱しても死なない菌もいます。そんな菌のせいで食中毒の危険のある食べ物がカレーです。カレーを美味しくするために、一晩寝かせるとはよく言いますが、実はこの行為が危険なのです。

本日は、カレーによる食中毒の危険性と、カレーの正しい保存法について解説いたします。

スポンサーリンク

実は怖い一晩寝かせたカレー!食中毒の危険も

一晩寝かせることで食中毒の原因菌ウェルシュ菌が繁殖する恐れが!

カレーを一晩寝かせない方がよい最大の理由は食中毒になる危険があるからです。カレーによる食中毒の原因となるのはウェルシュ菌という菌。自然界に広く生息している菌なので、少量口に入ったくらいでは特に問題ないのですが、大量に体内に入れてしまうと食中毒を起こしてしまいます。

この菌の特徴は、①空気を嫌う、②高温に強い、③20~50℃で最も繁殖する、ということです。なぜ、これらの特徴が、カレーを一晩寝かせることに危険な影響を及ぼすのかについて、以下に説明していきます。

ウェルシュ菌の特徴①空気を嫌う

自然界に広く生息しているウェルシュ菌ですが、カレーの具材となるお肉や魚介に特に多く付着しています。さらに、肉には酸素を奪う物質(グルタチオン等)がたくさん含まれているため、お肉の入ったカレー内の空気濃度はとても薄くなりやすく、その結果、ウェルシュ菌の好む環境になりやすいのです。

ウェルシュ菌の特徴②高温に強い

ウェルシュ菌以外にも自然界に生息する多くの菌が、カレーを作る際に混入していますが、それらの多くは調理過程で熱せられることで死滅していきます。しかし、ウェルシュ菌は100℃で数時間加熱しても生き残るほど熱に強いため、カレーが出来上がった段階でもまだ中にいます。中にはいますが、これが体内に入っても、食中毒を引き起こすだけの量はいないので、できたてを食べる分には大丈夫です。問題はこの後です。

ウェルシュ菌の特徴③20~50℃で盛んに繁殖する

一度加熱して完成したものを一晩寝かせるということは、冷める過程でこの菌の繁殖に適した温度帯、20~50℃を再度通過することになります。ここで、増殖チャンスを産んでしまうわけです。さらに、一晩寝かせたものを食べようとカレーを温めると、もう一度20~50℃の温度帯を通過することになりますし、さらに再加熱することで、ますますカレーの中の空気が抜けてしまい、ますますウェルシュ菌の好む環境となってしまうので、繁殖が進んでしまうのです。これを繰り返すと…やばいですよね。

カレーを一晩寝かせるということは、このウェルシュ菌の繁殖チャンスを与えることになり、ウェルシュ菌を大量に体内に入れてしまい食中毒を起こしてしまう危険性が高まるということなのです。

このウェルシュ菌による食中毒の危険は、カレーに限ったことでなく、シチューやスープを一晩置くことでも同様の危険性があると言えます。

安全に作り置きしたい!食中毒を防ぐための注意点

それでもやっぱり一晩置いたカレーは美味しい!何より多めに作って、翌日も食べられたら楽だし保存したい!その場合は、以下の点に注意してください。

①大量に作らない

大量に作ると言うことは、その分多くのウェルシュ菌がいる上に、温度が下がる時間もかかる分、大量に繁殖する可能性があるということです。実際に、ウェルシュ菌による食中毒は給食施設や仕出し弁当屋、旅館、飲食店など大量に作るところで起こりやすいです。たくさん作って保存したい気持ちはよくわかりますが、あまり作りすぎないようにしましょう。

②繁殖しやすい温度になる時間をできるだけ短く!室温放置は厳禁

20~50℃の温度帯になる時間が長ければ長いほど、ウェルシュ菌は増加します。この温度になる時間を短くするために、作ったカレーはできるだけ早く粗熱を取って、冷蔵保存、または冷凍保存すること。具体的には、鍋から厚みのない容器に移し替え、できればその容器を氷や保冷剤などの上に置いて混ぜるなど、とにかく20~50℃となる時間をできるだけ短くする工夫をしましょう。また、小分けにすると速く冷めるので、1食分ずつ分けるのもよいです。粗熱が取れたらすぐに冷蔵庫、または冷凍庫へ。室温放置は厳禁です。

③再加熱はしっかりと!

保存したカレーを食べる場合は、しっかり温め直すこと。ウェルシュ菌が活動しやすい中途半端な温度くらいにしか温めないのは危険です。ぼこぼこ煮立つくらいしっかり温めましょう。できれば、鍋に移してかきまぜながら温めると、空気をカレーに含ませることができて、ウェルシュ菌の嫌う環境にすることができるので、よりよいです。

スポンサーリンク

一晩寝かせなくてもカレーは美味しく作れる!

とにかく美味しいカレーを家でも楽しみたいなら、一晩寝かせなくても美味しいカレーは作れます。一晩寝かせることなく美味しいカレーを作る方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

カレーは一晩寝かせると美味しいのはなぜ?当日でも美味しくする方法

カレーの常温保存は危険!正しい保存方法まとめ

  • 一晩常温で寝かせたカレーにはウェルシュ菌による食中毒の危険がある
  • カレーを保存する場合は、なるべく早く粗熱を取り、食べる際には再加熱をしっかりと!

初めて急性胃腸炎になったとき、はっきりした原因は未だ不明ですが、考えられるのは、外出先から戻って手を洗わずにおやつを食べたこと…幼い頃から言われてきた、食べる前に手を洗いましょうは真実だったのだと痛感しました。以来徹底しているつもりです。それなのにまたなるって…ほんとに三度目はもう勘弁願いたいです。

スポンサーリンク