湿気でベタベタの布団を今すぐ何とかする方法・ベタベタさせない方法

一日家事や仕事でくったくたになったとき、ふかふかの布団にダイブするほど幸せなことはありません。

しかし、その布団が湿気でベタベタだったら…最悪です。

特にフローリングに布団を直接敷いている場合は湿気やすいもの。

この記事では、湿気でベタベタする布団を今すぐ何とかする方法、そもそも湿気させない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

湿気でベタベタする布団を今すぐ何とかする方法

湿気でベタベタする布団なんて嫌すぎる!今すぐ何とかしたい!

そんなときは、何はともあれ布団を乾燥させることです。

布団、ベタベタ

布団を干す

お天気のよい午前中やお昼間であれば、とにかく布団を干しましょう。

布団を干すときは、ダニ対策のためにも両面を干すことが大切。

干す時間は、季節や素材などによって異なります。

詳しくは下記の記事で解説していますので、これから布団を干せそうだという人は、ぜひご参照ください。

布団はたとえ30分でも干すべし!干せない時の対処法も解説

また、夜に布団を干すのは、湿気るだけなのでNGです。こちらについては、下記の記事で解説しています。

布団は夜に干しても湿気るだけ|ただし土用の夜露干しはアリ

扇風機の風に当てる

あいにく雨が降っていたり、夜で布団が干せないなら、せめて扇風機の風に当てて少しでも湿気を飛ばしましょう。

完全に湿気を飛ばすことは難しいかもしれませんが、何もしないよりは幾分かマシです。

エアコンの除湿機能を使う

扇風機がない場合は、エアコンの除湿機能を使っても湿気は多少飛びます。

こちらも応急措置として、やらないよりはやった方がマシという方法です。

布団乾燥機にかける

布団乾燥機は、ダニ対策ができるものがあったり、寒い冬には寝る前に布団を温めるのに使えたり、1台あると便利です。

1万円前後で買えるものが多く、意外と手を出しやすい値段設定なのも導入しやすいかも。

以下では、人気の布団乾燥機を3点ほど紹介しておきますね。

パナソニック ふとん乾燥機 マットタイプ 

マットを敷いて、ノズルを差し込むだけと簡単に使えるふとん乾燥機です。

布団全体をムラなくしっかり乾燥させることができます。

本体サイズは、幅27.1cm×奥行16.4cm×高さ34.4cmとコンパクトなので、収納しやすいのもうれしいポイント。

くつ乾燥アタッチメント付きで、靴も乾かせます。

リーズナブルなのも魅力!


アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ 

ウッドテイストの見た目がおしゃれな布団乾燥機。

幅約15.5cm×奥行約26cm×高さ約33.5cmとコンパクトですが、収納せずに部屋に置いたままにしていても、インテリアとなじみます。

ノズルを直接布団に差し込むだけで、簡単に使えるのも便利です。

さらにノズルハンガーにノズルをセットすれば、衣類乾燥にも使えるので、洗濯物を外に干せない場合に重宝します。


日立 布団乾燥機 HFK-VH770 N

ふとん乾燥にかかる時間はわずか30分と速乾性に優れた乾燥機です。

タテ置きにしても、ヨコ置きにしても使えるので、

フローリングに敷いた状態でも、ベッドでも、ベビーベッドでも使えます。

HEPAフィルターとアレルキャッチャーフィルター搭載で、アレル物質対策もできるのも安心です。


なぜフローリングの上に布団を敷くとベタベタするのか

布団、ベタベタ

フローリングの上に布団を敷くと、布団がベタベタしてしまうのは、湿気は床下にたまりやすいからです。

水分は、空気に比べて重いため、空気中の湿度が高く飽和状態になると、下にたまっていきます。

家の床下は特に風通しが悪く、いつまでも湿気が逃げないため、どうしても湿度が高い状態が続きます。

さらに、布団は吸湿性の高いものです。

湿度の高い環境に布団を置くと、どうしても水分を含みやすくなってしまうのです。

さらに、湿気でベタベタした布団をそのまま放っておくと、カビやダニが生えることがあります。

そのような布団で眠ることは、健康によくありません。

湿気でベタベタするような布団で眠らないこと、さらには、そもそもベタベタさせない対策を取ることは、快眠のためにも非常に大切です。

スポンサーリンク

フローリングに敷いた布団を湿気でベタベタさせない方法

布団を湿気まみれにしないためには、フローリングの上に直に敷かないことです。

ベッドにするのが一番ですが、スペースの問題などで難しければ、除湿シートやすのこを敷いた上に布団を敷くと対策になります。

また、布団を敷きっぱなしにしないことも大切です。

布団、ベタベタ

ベッドにする

フローリングからの湿気がひどい部屋の場合は、ベッドにするのが一番です。

部屋のスペースの問題で、ベッドを置くのが難しい場合は、折りたたみ式のものを導入するのもおすすめですよ。


布団の下に除湿シートを敷く

手軽に対策するなら、除湿シートを敷いた上に布団を敷くのも有効です。

除湿シートは床下からの湿気を吸い取ってくれることで、カビや臭いの発生を防いでくれます。

しかし、吸収できる湿気の量には限界がありますので、布団と同様に、除湿シートも定期的に天日干しをして湿気を飛ばしておく必要があります。


布団の下にすのこを敷く

ホームセンターなどで売っているすのこを置いて、その上に布団を敷くのも対策になります。

できれば、よくあるパイン材でできたものよりも、桐やひのきでできたものを用意すれば、湿気に強いので、すのこにカビが付くのも防ぐことができます。


敷きっぱなしにしない

布団を敷きっぱなしにしておくことは、「万年床」といって、昔からやらない方がいいといわれています。

これは、ずっと布団を敷きっぱなしにしておくことで、ただでさえこもりやすい床下の湿気がさらにこもりやすくなり、

ますます布団が湿気て、カビやダニを発生しやすい状態になってしまうためです。

昔からダメだと言われていることは、やっぱりやらない方がよいのです。

スポンサーリンク