緑茶を飲みすぎると太るというより太りやすい体質になる!

すっきりした味わいがおいしい緑茶。

ごはんのときはもちろん、ちょっとした水分補給に緑茶をよく飲んでいるという人もいるでしょう。

しかし、緑茶を飲みすぎると太るらしいという噂を聞いて、心配になっている人もいるでしょう。

これは、緑茶を飲むと太るというよりは太りやすい体質になってしまうというのが、より正確な情報。

どういうことなのか、解説してみます!

スポンサーリンク

緑茶は0キロカロリー

緑茶、飲みすぎ、太る

ご存じの方も多いかもしれませんが、緑茶そのものは0キロカロリー。

糖質もほぼ含まれていないので、

緑茶に砂糖やハチミツなどの糖分を加えるような飲み方をしない限り太る要素はありません。

緑茶を飲みすぎると太るといわれる理由

では、太る要素がないにもかかわらず、なぜ緑茶を飲みすぎると太るといわれているのか。

これは、緑茶に含まれる成分によって、体が冷えやすくなったり、水分を排出しすぎたりするために代謝が悪くなってしまうからです。

緑茶、飲みすぎ、太る

タンニンによって体が冷えて代謝が落ちる

緑茶にはタンニンが含まれています。

これは抗酸化作用が強く、アンチエイジングにもよいとされている成分。

さらに脂肪の吸収を抑えるともいわれている、体にとって良いはずの成分です。

しかし、厄介なのは、タンニンは鉄と結びつきやすい性質があること。

血液中の鉄分、すなわちヘモグロビンと結びつきやすい性質があるのです。

ヘモグロビンは、酸素と結びついて体中に酸素を届けるのが本来の役目。

体は酸素を使って、栄養をエネルギーに変え、熱を作っています。

しかしお茶を飲みすぎて、体内に大量に入ったタンニンがヘモグロビンと結びついてしまえば、

血液は酸素を運べません。

その結果、熱を作れず冷え性になってしまうのです。

体は冷えると代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

そのため、緑茶を飲みすぎると、太りやすいといわれているのですね。

カフェインによって利尿作用があるため代謝が落ちる

緑茶にはカフェインも含まれています。

100mlあたり20mg前後と、コーヒーほどの量は含まれていませんが、

(コーヒーは100mlあたり40~60mg)

一日に何杯も飲めば、その摂取量はどんどん増え、結果的にかなりの量のカフェインを摂ってしまうことになるでしょう。

そしてご存じの方も多いと思いますが、カフェインには利尿作用があり

体からどんどん水分を排出してしまいます。

水が少ないと体の代謝が落ち、脂肪燃焼しにくくなります。

これも緑茶を飲みすぎると太りやすいといわれる理由の一つです。

スポンサーリンク

太らないためには緑茶はどのように飲むと良いのか

そうはいっても、ごはんのときには緑茶を飲みたいものですし、

持ち歩くならペットボトル入りのお茶がいい!という人もいるでしょう。

太らないためにはどのようなことを気を付ければよいのでしょうか。

緑茶、飲みすぎ、太る

緑茶の一日の摂取量の目安とは

緑茶には体によい成分もたくさん含まれているので、ある程度は摂取したい飲み物です。

飲みすぎもよくありませんが、全く飲まないというのも損でしょう。

緑茶の一日の摂取量の目安は、カフェインの摂取量の目安に準じ

1日5杯、1リットル未満といわれています。

ただし、これはカフェインの摂取量の目安を基に算出された量なので

一日にコーヒーや紅茶など、他にもカフェイン入りの飲料を飲む場合はもっと少なくなります。

自分の食生活に合わせて考える必要があるでしょう。

緑茶を飲むのは食事のときだけにして、あとは水を飲むのが一番よいのかもしれませんね。

飲むなら温かい緑茶を

緑茶を飲みすぎると太りやすいと言われている理由の一つは、

緑茶に含まれるタンニンによる冷えでした。

太りにくい体質でいるためには、できるだけ体を温めておくことが大切です。

緑茶も冷たいものでなく、温かいものを飲むことで、体の冷え具合はマシになります。

タンニンによる体の冷えは防ぎようがありませんが、冷たい飲み物を飲むことによる冷えは防げます。

緑茶を飲んだら同量の水を

緑茶の飲みすぎは太るといわれる、もう一つの理由はカフェインによる利尿作用でした。

カフェインによって体から水分が排出されてしまうことを防ぐことはできませんが

排出された分の水分を補うことは可能です。

緑茶を飲んだら、同じ量の水を飲むことで体の水分量は保てるはず。

緑茶を飲んだら、同量の水を飲むようにしましょう。

これは、昔、私が働いていたスポーツクラブのダイエット指導で言われていたことでもあります。

ただ、それよりもできるだけ緑茶やコーヒーなどカフェイン類は取らないように、という指導でもあったように記憶しています。

やはりベストなのは緑茶を飲むのは食事のときだけにして、あとは水を飲むことでしょうか…

 

緑茶に関するその他の記事

まずい緑茶はうがい・消臭剤・掃除で活躍!飲んで消費する方法も紹介

水筒の緑茶が変色するのはカテキンの酸化が原因|変色防止対策も紹介

スポンサーリンク