揚げ物の保存にキッチンペーパーは不要!その理由と保存法を紹介

大量に揚げ物を揚げてしまった!とか、スーパーの惣菜コーナーで揚げ物を買いすぎてしまった!

というとき、

少しでも美味しい状態で保存しておきたいですよね。

揚げ物の保存には、やっぱりキッチンペーパーを敷いておくのがいいのかな?と思うかもしれませんが、

実は、あまり意味がありません。

その理由と、揚げ物の正しい保存方法を紹介します。

スポンサーリンク

揚げ物の保存にキッチンペーパーは不要!その理由

揚げ物、保存、キッチンペーパー

キッチンペーパーは油をよく吸い取ってくれるもの。

それゆえ、保存の際も、お皿の上にキッチンペーパーを置いて、

その上に揚げ物を置き、ラップしておけばよいのでは?なんて考える人もいるのではないでしょうか?

でも、これって、実はあまりおすすめできません。

その理由は、油や水分が揚げ物に逆戻りすることがあるから。

特に揚げ物とキッチンペーパーが触れる面積が大きいほど、逆戻りしやすくなります。

そのため、揚げ物を保存する際には、キッチンペーパーは敷かない方が良いのです。

揚げ物をおいしく保存する方法

では、揚げ物はどのように保存するのが正解なのでしょうか?

ここでは、揚げ物の保存方法についてご紹介します。

保存前にキッチンペーパーなどでしっかり油切り

時間が経っても、揚げ物をできるだけベタベタしないようにするには、

揚げたて、ホカホカの状態での油切りが大切。

揚がったものは、キッチンペーパーや網などの上に置いて、しっかり油切りをしておきましょう。

キッチンペーパーや網がない場合は、新聞紙や魚焼きグリルでも代用できます。

キッチンペーパーの代用については、下記の記事で詳しく紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

揚げ物なのにキッチンペーパーがない!代用品&コツでカラッと揚げる

冷蔵庫で揚げ物を保存する方法

揚げ物、保存、キッチンペーパー

冷蔵庫で保存する場合、お皿に載せて、ラップをするという人が多いのではないでしょうか。

間違いではありませんが、にんにくの効いた唐揚げなど匂いの強い揚げ物の場合や、ラップの種類によっては匂い移りすることもあります。

そのため、お皿よりも密閉性の高いタッパーに入れて保存するか、

ラップに包み、さらにチャック付きの袋に入れて保存するのがおすすめです。

冷凍庫で揚げ物を保存する方法

揚げ物、保存、キッチンペーパー

冷凍庫で保存する場合は、

揚げ物が冷めてから、ラップで小分けにして、さらにチャック付き袋に入れます。

しかし、よりおいしく保存したいなら、金属製のバットなどに並べてラップの上、保存する方法がおすすめ。

満遍なく冷凍されることになるので、普通にラップ&チャック袋に入れて保存するよりも

おいしく保存できますよ。

スポンサーリンク

揚げ物を温め直すにはオーブントースターがベスト!

揚げ物、保存、キッチンペーパー

一度冷めてしまった揚げ物は、どんな方法で保存しようと、

どうしても油と水分で、べちゃっとしてしまい、揚げたてのようにはいかないもの。

しかし、温め直し方によって、カラッと感を復活させることができます。

揚げ物を温め直す方法には、

キッチンペーパーを敷いて、ラップをせずにレンジで温める方法と

アルミホイルなどを敷いて、トースターで温める方法がありますが、

おすすめは、断然オーブントースター!

あのカリっと感が簡単に復活します。

キッチンペーパー×電子レンジVSオーブントースター×アルミホイルについては

下記の記事で詳しく紹介していますので、こちらもぜひご参照ください。

キッチンペーパーは電子レンジOK!揚げ物をヘルシーに温める方法

スポンサーリンク