お酢を柔軟剤代わりに洗濯機に入れるのはNG!理由と使用方法を解説

「香害」などが問題となって以降、最近では以前より柔軟剤の香りを振りまく方に出くわす頻度は減ったように思います。

柔軟剤は体や環境によくないとも聞くけど、やっぱり洗濯物の臭いや硬さが気になる…天然のもので代用できるなら使いたい!と、酢を柔軟剤代わりに使ってみようという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、洗濯機に酢を入れて洗濯するのはNGです。

この記事では、その理由と、お酢を柔軟剤代わりに使いたい場合の方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

お酢を柔軟剤代わりに洗濯機に入れるのはNG!

洗濯機の柔軟剤入れにお酢を入れてはいけません。もちろん直接洗濯槽に入れるのもNGです。

お酢を柔軟剤代わりに洗濯機に入れてはいけない理由

お酢を柔軟剤代わりに入れてはいけないのは、洗濯機の中の部品を傷めてしまう危険性があるからです。

酢、柔軟剤

一般社団法人日本電機工業会のホームページによるとお酢は洗濯機には使用してはいけないとの記述が…

Q: お酢を利用するとカビの発生防止に効果があると聞いたのですが。

A:お酢によるカビの発生防止効果は確認できていません。また、お酢は洗濯機の金属部品を傷める危険性がありますので、洗濯機には使用しないでください

一般社団法人日本電機工業会ホームーページ 洗濯機のカビQ&Aより)

カビ防止のために酢を使用する場合は、酢を1本全て(約500ミリリットル)などかなりの量の酢を投入するようですが、柔軟剤代わりに入れるなら、大さじ1杯(15ミリリットル)くらいだし、大丈夫な気もします。

念のため、前出の日本電機工業会様にメールにて問い合わせをしてみたところ、次のような回答を頂きました。

「お酢は、酸性の液体ですので、原液がそのまま洗濯槽に垂れた場合など、ステンレス製の洗濯槽を錆びさせてしまう恐れがありますので、当会といたしましては、洗濯機でのお酢のご使用は禁止させていただいております。

従いましてご使用になられるときは自己責任においてのご使用となります。」

また、大手電機メーカー様にも2社ほど問い合わせをしてみましたが、いずれも製品の取り扱い説明書どおりに使ってほしい、酢を柔軟剤代わりに使うのはやめてほしいという趣旨の回答でした。

洗濯機を長く使うためにも、酢を柔軟剤代わりに使うのは避けた方がよさそうです。

お酢を柔軟剤代わりに使って洗濯する方法

お酢を柔軟剤代わりに使いたくても、洗濯機に入れるのはよくありません。

そのため、洗濯機に入れずに使用するしかないのです。

酢、柔軟剤

お酢を柔軟剤代わりにした洗濯手順①すすぎが終わったら停める

お酢を柔軟剤代わりに使うには、洗濯機を、すすぎが終わった段階で一度停めます

そして、中から洗濯物を取り出しましょう。

お酢を柔軟剤代わりにした洗濯手順②たらいに水をためて酢を加える

水を貯めたたらい等に洗濯物を入れ、酢を加えます。

酢の量は大さじ1弱ほどが適量でしょう。

酢、柔軟剤

このときは大体で入れてます。

お酢を柔軟剤代わりにした洗濯手順③5~10分つけおき

酢を入れたら、5分から10分ほど放置。つけおきしておきます。

お酢を柔軟剤代わりにした洗濯手順④脱水

浸け置きが終わったら、再び洗濯機に戻し、脱水して干します。

…めんどくさい。これはめんどくさいです。

昭和時代によくあった二層式の、洗いもすすぎも脱水も全てセルフでタイマーをひねる洗濯機ならともかく、全てが全自動の令和の時代にこれはなかなか気が進みませんよね…

スポンサーリンク

オーガニックの柔軟剤なら人にも環境にも優しい

酢を柔軟剤代わりに使う洗濯方法はめんどくさい…

でも、硬くてごわごわする洗濯物は嫌だし、かといって、化学薬品がたくさん入った柔軟剤は嫌だ!

そんな人は、オーガニック柔軟剤を使われるのが一番希望がかなうのではないでしょうか。

オーガニックの柔軟剤①ラ・コルベイユ オーガニックランドリー

植物由来で、自然に還ったときに微生物が分解しやすい界面活性剤を使用している、環境にやさしい柔軟剤です。

オーガニック成分である、茶エキスを配合しており、防臭・抗菌効果もばっちり。

化粧品用の香料を使用しているので、良い香りはするけど、肌には優しく安心です。


オーガニックの柔軟剤②ソネット SONETT 柔軟剤 

食品用のクエン酸を使用しており、衣類に残ったアルカリ成分を中和。黄ばみや臭いをきれいにしてくれます。
さらに繊維は柔らかく、なめらかな仕上がりに。
すべての原料が天然成分で、環境にも人にも優しい柔軟剤です。
こちらは無香料タイプですが、香るタイプはアロマで香りをつけています。

洗濯に使うものは環境にも人にも優しいものを選びたいもの。
でも、面倒は勘弁…ていうのが、現代の人々の本音ではないでしょうか。
お酢を使うにしても、自分に負担がかかりすぎない方法で洗濯したいものですね。
酢の効果を利用した関連記事はこちら
スポンサーリンク