毛玉だらけの靴下をきれいにする&予防する方法&捨て時の見極め方

靴下についた毛玉…かっこ悪いのは承知ですが、別に穴も開いてないし、まだまだ履ける!

毛玉さえ取ることができれば…!!

この記事では、そんな人のために靴下の毛玉を取る方法&予防策、さらには毛玉だらけの靴下の捨て時についてもご紹介します。

スポンサーリンク

靴下についた毛玉を取る方法

靴下に限らず、毛玉は家にあるもので、意外にきれいに取り除けます。

あまりに頻繁に毛玉を取ることになりそうなら、専用アイテムを導入するのもよいでしょう。

毛玉、靴下

靴下の毛玉を取る方法①スポンジ

乾いた食器洗い用スポンジの目の粗い面を使って、毛玉がついた部分をなでるようにすれば、簡単に毛玉を取ることができます。

下記の記事では、実際に、ニットに付いた毛玉を、スポンジを使って取り除く様子を紹介していますので、ぜひご参照ください。

すぐできる毛玉を家にあるもので取る方法|原因と対策も解説

靴下の毛玉を取る方法②軽石

スポンジの代わりに軽石を使っても毛玉は取れます。

やり方もスポンジと同様で、毛玉のついた部分を軽くなでるだけです。

靴下の毛玉を取る方法③カミソリ

カミソリを使っても、簡単に毛玉を取り除くことができますよ。

毛玉のついた面にカミソリを当てて、生地の上をすべらせれば、きれいに毛玉が取れます。

靴下の生地を傷めないためにも、顔用のカミソリを使うのがおすすめです。

靴下の毛玉を取る方法④ハサミ

少々面倒ではありますが、ハサミで毛玉を切り落としていくのも、きれいに毛玉を取り除ける方法です。

間違って生地を切ってしまわないよう、気を付けながら切りましょう。

靴下の毛玉を取る方法⑤毛玉取り器

頻繁に毛玉を取らなければいけないなら、毛玉取り器を導入するのがおすすめです。

毛玉のついた面に機械を当てて、すべらせていけば、簡単&スピーディーに毛玉をきれいに取り除けます。

あまり強く機械を生地に押し当てると、生地が破れてしまうこともあるので注意しましょう。


靴下の毛玉を取る方法⑥毛玉取りブラシ

軽くブラッシングするだけで、毛玉が取り除ける、毛玉取りブラシも便利です。

毛玉取り器よりは、時間がかかりますが、専用道具だけあって簡単に取り除けるでしょう。


 靴下に毛玉を作らないための予防法

そもそも毛玉はできないに越したことはありません。

毛玉ができる原因は主に摩擦です。洗濯の際には、できるだけ摩擦を減らすよう、ひと手間かけてから洗濯機を回しましょう。

また、毛玉ができにくい素材の靴下を選ぶことも予防策として有効です。

靴下、毛玉

靴下を裏返して洗濯する

毛玉ができるのが裏側なら、あまり気になりません。

靴下を裏返してから洗濯機に入れれば、洗濯の際に摩擦が起こる面を裏側にすることができ、表側に毛玉ができるのを防ぐことができます。

洗濯機に入れる前に、裏返すひと手間を怠らないようにしてみましょう。

洗濯ネットに入れて洗濯する

靴下を洗濯ネットに入れて洗濯するのも、靴下の表面に摩擦が起こるのを防ぐのに有効な方法です。

摩擦はゼロではないので、毛玉の発生を完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、ずいぶん減らすことはできるでしょう。

洗濯機にたくさん衣類を入れすぎない

一度にたくさんの衣類を入れて洗濯すると、摩擦が起こりやすくなります。

当然靴下の表面でも、摩擦も起こりやすくなるので、毛玉ができやすくなってしまいます。

いつも、一回の洗濯量が多いなら、少し減らして洗濯してみるとよいでしょう。

毛玉ができにくい素材の靴下を選ぶ

毛玉は、素材によってできにくいものと、できやすいものがあります。

ウールやアンゴラなど動物由来の素材や、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維は毛玉ができやすい素材です。

逆に綿やシルク素材なら毛玉はできにくいでしょう。

また、綿やシルクの靴下でも、化学繊維が入っている場合は、化学繊維の混合割合が高いほど、毛玉はできやすくなります。

靴下を選ぶ際は、製品表示の素材をよく確認して選ぶのがおすすめです。

また、毛玉のできやすい素材・できにくい素材については、下記の生地でまとめています。こちらもぜひご参照ください。

早わかり一覧表付き!毛玉ができやすい素材・できにくい素材

スポンサーリンク

人前で履けないほど毛玉だらけの靴下は捨てる!

あまりに毛玉だらけで、毛玉を取り除いてもきれいにならないような靴下は、思い切って捨ててしまう決断をすることも大切です。

毛玉がついていること以外、傷んでいるところもないし、まだ履ける…と悩んでしまう気持ちもわかりますが、見切ることも大事。

自分の中で、捨て時を決めて処分するようにしましょう。

捨て時は、自分が捨てよう!と思える基準を自由に設定すればよいですが、一つの目安としては、人前で履いても恥ずかしくないかどうか、とするのがよいのではないでしょうか。

その靴下を履いて、デートできますか?

接待会食に出席できますか?

気になる人のいる飲み会に行けますか?

特に靴下は、直接肌に付ける肌着です。ボロボロの肌着は、身に着ける人の運気を下げるともいわれています。

時には、思い切って処分することも大切ですよ。

 

靴下に関する関連記事

臭い!パリパリの靴下を捨てる前に試したい洗い方|身近なもので消臭

スポンサーリンク