すぐできる毛玉を家にあるもので取る方法|原因と対策も解説

冬服は高い…ニットは高い…えぇ値段するニットを買ったのに毛玉がすぐできる…悲しいですね…

すぐできる毛玉は、できるたび取る!家にあるもので今すぐ取る!

この記事では、毛玉を取る方法から毛玉ができる原因、対策も併せて紹介します。

スポンサーリンク

すぐできる毛玉を家にあるもので取る方法

出かけようと思ってお気に入りのニットを着たら、毛玉ーー?!今すぐ何とかしなくては!

そんなときに使える、家にあるもので毛玉を取る知恵を集めてみました。

すぐできる毛玉を取る方法①スポンジ

なんと、食器洗い用のスポンジを使って簡単に毛玉がとれるのです~!

毛玉、すぐできる

緑色の、固い方の面を使って、

毛玉、すぐできる

軽く表面をなでるようにして、取っていきます。

こちら↓ビフォー画像。

毛玉、すぐできる

こちら↓アフター画像。

毛玉、すぐできる

スポンジで軽くなでている間に、けば立っていたところも取れたのか、なでつけられたのか、とにかくきれいな見た目になりました。

毛玉、すぐできる

こんなに大量の毛玉が!

ただし、これは応急処置的なやり方です。

スポンジで毛玉をひっぱって取っていることになるので、周りの繊維も引っ張って浮かせてしまい、次の毛玉の原因を作ってしまっていることになるので、あまり頻繁にやると、かえって毛玉ができやすくなってしまうことがあるのです。

すぐできる毛玉を取る方法②軽石

スポンジと同様のやり方だと軽石も使えます。

同じく、こちらも応急処置的な方法。時間がないときに有効です。

また、セーターストーンというセーターの毛玉取り専用のおしゃれな軽石もあるようですよ。


すぐできる毛玉を取る方法③カミソリ

カミソリを使っても簡単に毛玉を取ることができます。

スポンジや軽石のように、生地を傷める心配がないのがメリットです。

顔そり用のカミソリを使って、ニットの上をすべらせていけば、簡単に毛玉が取れますよ。


すぐできる毛玉を取る方法④ガムテープ&ハサミ

時間があるときは、ガムテープとハサミを使うときれいに毛玉を取ることができます。

まずはガムテープでペタペタやって、毛玉を浮かせて

毛玉、すぐできる

浮いた毛玉をはさみで切ります。

毛玉、すぐできる

浮いた毛玉をはさみで切ります。

この方法だと生地を傷めにくいのでおすすめです。

スポンジよりは時間はかかりますが、長くきれいに洋服を着るには、この方法がベストといえるでしょう。

時間があるときに、落ち着いて丁寧にやりましょう。

すぐできる毛玉を専用アイテムで取る方法

最近では、毛玉を取るのに便利なアイテムも色々出ています。

専用アイテムを持っておくのも、気になるときにすぐに毛玉を何とかできるので便利ですね。

すぐできる毛玉を取る専用アイテム①毛玉取りブラシ

毛玉取りブラシは、軽くブラッシングするだけで、毛玉が簡単に取れます。

洋服の生地を傷める心配もなく、どこでも使えるのも便利。


すぐできる毛玉を取る専用アイテム②毛玉取り器

私も持ってました!毛玉取り器。壊れてしまったので、今はないんですけど…

毛玉だらけで汚くなったニットも、本当に簡単にきれいにすることができるので、あると便利です。

初めて使ったときは、あまりに手軽にきれいになるので感動したものですよ。

ただし、あまりニットに押し付けて使うと、生地が破れることがあるので、そこだけ注意です。


スポンサーリンク

そもそもなぜ毛玉はすぐできるのか

本当にすぐできてかなわない毛玉…そもそもなぜできるのでしょうか。

答えは、摩擦と素材のせいなのです。

毛玉は摩擦によってすぐできる

毛玉ができやすい箇所を思い浮かべてみると、お察し頂けるかもしれませんが、毛玉ができる原因は摩擦です。

まず、繰り返し着たり、洗濯したり、カバンなどで擦れたりすることで、表面の繊維が浮いて、ケバ立ちます。

できたケバが次第に集まって、毛玉になるというのが仕組みです。

毛玉がすぐできる素材がある

毛玉ができやすい素材というのもあります。

それは、化学繊維に分類されるもの。ポリエステルやレーヨン、アクリルなどは毛玉ができやすい素材の代表といえるでしょう。

また、ニットに毛玉ができやすいことからもわかるとおり、ウール、カシミヤ、アンゴラなど動物由来の繊維のものもできやすいです。

逆に、綿や麻などの植物素材のものは毛玉はできにくいです。

また、「綿○%、ポリエステル○%」のような混合素材の場合は、化学繊維の入っている割合が大きいほど、毛玉ができやすくなります。

毛玉ができやすい素地とできにくい素材については、下記の記事でもまとめてみました。こちらもぜひご参照ください。

早わかり一覧表付き!毛玉ができやすい素材・できにくい素材

毛玉がすぐできないための予防法

毛玉は取れば、またきれいに着られるといっても、取りすぎるとやはり生地が傷んで徐々に薄くなってしまいます。

毛玉は作らないのが一番!毛玉ができなければ取る必要もなく、洋服が傷む心配もありませんから。

毛玉、すぐできる

ブラッシングしてからしまう

セーターを脱いだら洋服用のブラシをかけてからしまうとよいでしょう。

繊維の流れを整えて毛玉の原因となる繊維の浮きをおさえられるためです。

洗濯するときにひと手間かける

毛玉のできる原因は摩擦ですので、洗濯するときもできるだけ摩擦を減らすことが大切です。

ニットは裏返しにして、一枚一枚洗濯ネットに入れて洗えば随分摩擦を減らすことができますよ。

毛玉ができにくい素材を選ぶ

毛玉ができにくい素材であれば、当然毛玉に悩まされることもありません。

素材で迷ったら、化学繊維のものは避け、綿や麻など植物素材のものを選ぶとよいでしょう。

 

関連記事

毛玉だらけの靴下をきれいにする&予防する方法&捨て時の見極め方

スポンサーリンク