ビジネスでの衣替えの時期は3~5月と9~11月|ポイントも解説

学校など、制服の場合は、夏が6月1日から、冬は10月1日からと明確に決まっていましたが

ビジネスシーンにおけるスーツの衣替え時期は

制服ほど、はっきりとは定まっていません。

春夏は3~5月、秋冬は9~11月と、気温を見ながら、ゆっくり行っていくものなのです。

スポンサーリンク

ビジネスでの衣替えの時期は3~5月と9~11月

スーツの衣替えは、春夏ものには3~5月、秋冬ものには9~11月ころに行うのが一般的です。

これらの時期は、日によって気温の高低差が大きくもあるので、

その日の気温に合わせて、選ぶとよいでしょう。

衣替え、ビジネス

ビジネスでの衣替え|春夏

春夏用のスーツへは、3~5月の間に、徐々に移行していきます。

春夏用のスーツは、綿や麻、ポリエステルなどの素材のものが多く、

ジャケットの裏地も肩周辺のみになっているなど、通気性にも優れ、

全体的に涼しく感じるように作られています。

春夏用が適する気温の目安は、日中の気温が20℃くらいです。

特に春は、気温の高低差が大きいので、その日の気温に合わせて、春夏用か秋冬用かを選んだ方がよいでしょう。

ビジネスでの衣替え|秋冬

秋冬用のスーツへは、9~11月の間に、徐々に移行していきましょう。

秋冬用のスーツは、ウールやカシミア、ポリエステルなど、保温性に優れた素材が使われています。

裏地も全体に張られており、風を通さないように作られています。

秋も日によって、気温の高低差が大きい季節です。

朝晩は冷え込んでも、日中は暖かい陽気の日もあるので、見極めが難しいところではありますが、

最高気温、最低気温を見ながら、選ぶようにしましょう。

女性の場合は、寒い朝晩用にストールを持っておくのもおすすめです。

ビジネスでの衣替えは必要か|見た目でバレるのか

スーツって、それなりに値段のするものだし、あまり何着も用意できない…

特に夏は、ジャケットを脱いでいられるし、秋冬モノでもよいのではないだろうか?

などと考える人もいるかもしれません。

夏に秋冬モノを着ていると、見た目でバレてしまい、マズイものなのでしょうか?

見た目はバレないかもしれないが着心地が問題

衣替え、ビジネス

夏に秋冬モノのスーツを着ていても、バレないことも多いはずです。

春夏モノのスーツと秋冬モノのスーツの違いは、

主に素材と裏地の違い。

なので、遠くからでは、なかなかわかりづらいものです。(おしゃれな人なら、みっと見抜くのでしょうが…)

実際、私もイマイチわかりません。

しかし、見た目は問題ないとしても、問題は本人の着心地。

秋冬モノのスーツを着ていると、どう考えても暑いし、重いです。

いや、上は半袖シャツになるから、下だけだし…と思うかもしれませんが、

下だけでも、かなり暑いはず。

一日内勤で、冷房の中にいるなら乗り切れるかもしれませんが、

営業など外回りのお仕事なら、かなり辛いのではないでしょうか。

よって、やはり、夏は夏用のスーツを用意しておくのがおすすめです。

衣替えをしたくなければオールシーズンOKなものを

最近では、夏以外のすべての季節に対応可能なものや

オールシーズン着れるスーツも登場しています。

オールシーズン対応のものなら、

季節ごとにスーツを用意する必要がないだけでなく、

春や秋など、日によって寒暖の差が大きい季節にも対応できるので便利です。

スポンサーリンク

ビジネスシーンでは特にきちんとしたい|衣替えのポイント

いくら衣替えをきちんとしたとしても

肝心のスーツがだらしないことになっていれば、ビジネスシーンにおいては、マイナスです。

衣替えの際は、きちんとスーツのケアも行いましょう。

衣替え、ビジネス

しまう前に必ずクリーニングに出す

衣替えの際、しまう前には、必ずスーツはクリーニングに出しましょう。

見た目にはわからなくても、スーツには皮脂や汗などの汚れが付いています。

そのままにしておくと、シミになってしまうこともありますので、気を付けましょう。

クリーニング後はビニール袋ははずす

クリーニングから戻ってくる際、スーツにかけられているは必ず外しましょう。

ほこりが付きにくくなるのではないかと、そのままにしてしまう人もいるかもしれませんが、

ビニール袋をかぶせたままにしていると

通気性が悪いため、カビが生える可能性があります。

ビニール袋は、必ず外し、ほこりが気になる場合は、不織布をかぶせて対処しましょう。


クリーニング後は専用ハンガーに

クリーニング屋さんが、返却時に使用しているハンガーは、細いことが多いもの。

スーツの場合は、そのままのハンガーでつるしていると、

スーツが型崩れしてしまう可能性があります。

きれいな形を保つためにも、スーツは、幅が広めのスーツ用ハンガーにかけ直して、収納するようにしましょう。


スーツの寿命は3~4年

3~4年経ったスーツは、そろそろ処分、買い替えを検討しましょう。

長く着ていると、肘や袖部分がテカってきたり、全体的にヨレッとした感じになったりするものです。

あまりくたびれたスーツを着ていると、だらしない人に見えてしまい

ビジネスシーンにおいては、相手にマイナスの印象を与えかねません。

3~4年ほど経ち、古くなってきたスーツは、買い替えることも検討しながら、衣替えをしましょう。

 

関連記事

衣替えで出した服の洗濯は基本的に不要!必要な場合としまい方を解説

衣替えの日とは夏=6月1日・冬=10月1日|由来や意味も解説

スポンサーリンク