クエン酸の掃除活用法!上手に使えばいつもの洗剤よりも効果的に?!

年末にお風呂掃除用に、めっちゃきれいになる!と話題の洗剤を準備。注意書をちゃんと読まずに閉め切って掃除した結果、高熱が出て、救急病院のお世話になり、さらに家族は旅行に行ってしまい、一人ぼっちでふらふらな悲しすぎるお正月を過ごしたことがあります。

この一件以来、強力な化学系洗剤は誓って避けることにした私ですが、どんなにまじめに掃除をしたって、取れない汚れってあります。きつい化学系洗剤は使わずに何とかしたい!そんなときに泣きつくのは、昭和初期生まれのおばあちゃんの知恵!おばあちゃんたちが使ってきたナチュラル洗剤は無臭かつ人体にも自然にも無害ですし、上手に使えば化学系洗剤よりも簡単に汚れを落とせることもあります。

そんな、人にも環境にも優しいナチュラル洗剤の中でも本日は、クエン酸について取り上げてみたいと思います。

テレビや雑誌でクエン酸は掃除に便利だと見聞きしたことがあるけど、本当に落ちるの?買っても使いきれなくて、結局捨てそう…と思っていた方、クエン酸はアルカリ汚れには強く、家の中の色々な場所の掃除に使えます。以下をぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

水垢、石鹸カス、尿素等アルカリ汚れに!クエン酸の活用法

クエン酸は「酸」とつくくらいなので酸性です。アルカリ性の汚れにかければ、中和して汚れを落とします。アルカリ性汚れとは、水垢、石鹸カス、尿素など。クエン酸は水回りの掃除に大活躍するのです。

①トイレタンクやお風呂の水垢を落とす

水垢とは水道水に含まれるカルシウムなどのミネラルが固まってできたアルカリ性汚れ。いつもの洗剤で洗っても、どんなにこすってもなかなか落ちません。そんな頑固な水垢汚れに強いのがクエン酸。ものすごく頑固で落ちない水垢には高濃度のクエン酸水を作ることで落とせます。自分で濃度を調節できるのもナチュラル洗剤のよいところ。具体的な水垢の取り方については下記の記事をご参照ください。

水垢の取り方|頑固な汚れはクエン酸スプレーでがっつり落とす

②洗面台を真っ白に

クエン酸には漂白作用もあります。研磨作用のある塩と一緒に使えばさらに洗面台はピカピカに。以前ご紹介した記事ではレモンを使っていますが、クエン酸水でももちろんOKです。洗面台掃除の具体的な方法については下記の記事をご覧ください。

洗面台のエコなお掃除方法を紹介|洗面所にあるアレで蛇口もピカピカ

③取れない便座裏の黄ばみを落とす

毎日マメに掃除をしていてもいつの間にか便座裏は黄ばむもの。黄ばみの原因は尿素。クエン酸水でパックすることで黄ばみを落として白くすることができますよ。便座汚れの落とし方についての記事は下記をご覧ください。

便座裏の黄ばみを取る方法|クエン酸水パックで簡単にキレイに!

④キッチンの排水溝は重曹といっしょに使ってすっきりと

ぬめりや臭いが気になるキッチンの排水溝。脂汚れに強い重曹と、水垢汚れに強いクエン酸の強力タッグですっきりきれいに。キッチンの排水溝掃除については下の記事で詳しく解説しています。

キッチンの排水溝の嫌なぬめりは家にあるもので簡単に予防&解決!

⑤ポットにこびりついた水垢を落とす

ポット内にもいつの間にか水垢はこびりついていますよね。以前ご紹介した記事ではクエン酸と同じく酸性のお酢を使った方法を紹介していますが、クエン酸でもできます。クエン酸でポットの掃除をする場合は、給水ラインまで水を入れたポットにクエン酸大さじ2杯を入れて沸騰させ、1~2時間置いた後、すすげばOKです。ポットについた水垢の洗浄については下の記事をご参照ください。

ポットの洗浄にお酢|頑固な水アカを安心安全、簡単に落とす方法

常備しておくと便利!簡単!クエン酸水スプレーの作り方

作っておいておくと便利なクエン酸水は、200mlのお水に対して小さじ2杯のクエン酸を溶かして作ります。作ったクエン酸水をスプレーボトルに入れれば、お掃除に便利なクエン酸水スプレーの完成です。

スポンサーリンク

気を付けて!クエン酸で掃除をする際に注意すべきこと

正しく使えば人体にもお家にも環境にも無害なクエン酸ですが、誤った使い方をすれば有害になることもあります。

①塩素系洗剤と混ぜない!

漂白剤やカビ取りなどの塩素系洗剤や塩素系タブレットとクエン酸は混ぜて使ってはいけません。混ぜると有毒ガスが発生し、非常に危険です。絶対に混ぜないように気を付けましょう。

②クエン酸水をかけてはいけない素材もある

酸性のクエン酸をかけると、アルカリ性の素材は溶けたり劣化したりします。また、金属にかけると酸化しやすくなり、錆がつきやすくなります。

クエン酸をかけてはいけない素材
  1. 大理石…アルカリ性である石灰岩からできています。クエン酸をかけると溶けてしまいます。
  2. コンクリート…コンクリートも実はアルカリ性。クエン酸をかけると劣化します。
  3. 金属類…鉄、鋼などの金属は錆びる可能性があります。洗濯機や食洗器等は、中の金属が錆びたり傷んだりする可能性もあるので避けた方がいいです。ステンレスは大丈夫です。

本日のまとめ
  1. クエン酸が活躍するのは①水垢がたまりやすい場所②洗面台③トイレの便座裏④キッチンの排水溝⑤ポットなど。
  2. 塩素系洗剤と絶対混ぜないこと!かけてはいけない素材もあること!を忘れずに!

 

ちなみに、強力化学洗剤にKOされた年の年末は、私も旅行に行くはずだったので、お節料理はもちろんロクな食糧が家になく、正月からカップラーメン、レトルトおかゆ、餅を食べて過ごしました。あんなに悲しい気持ちで格付けチェックを見たのは後にも先にもありません。強力化学洗剤はほんとにもう使わないです…

スポンサーリンク