キャベツの千切りは真空・冷凍保存で長持ち|冷蔵なら栄養に注意!

家でとんかつやお肉料理をするときは、付け合わせに、キャベツの千切りは添えたいもの。

しかし、特に時間がないときは、キャベツの千切りをするのは面倒!

一度に千切りしておいて、保存しておいたものを使えないだろうか…

そんなときは、真空保存か冷凍保存するのがおすすめです。

スポンサーリンク

キャベツの千切りは真空保存で長持ち

千切りしたキャベツは、普通に冷蔵保存しても、すぐに変色してしまい、全く日持ちしません。

変色しないよう、酢やレモン汁をかけて冷蔵保存しても、せいぜい2日が関の山といったところです。

しかし、真空保存にすると、3~4日ほど持ちます。上手くいけば、もっと持つこともありますよ。

キャベツの千切りを真空保存するには

では、キャベツの千切りの真空保存ってどのようにすればよいのでしょうか?

具体的な方法をみていきましょう。

ビニール袋で真空保存

キャベツ、千切り、保存、真空

最も手軽なのは、ビニール袋や、ジップロックなどの保存袋を使って真空保存する方法。

千切りしたキャベツはしっかり水切りをして、ビニール袋に入れ、

真空状態になるよう、しっかり空気を抜いて、口をしばるだけ。

1枚の袋に入れるキャベツの量は、袋の半分くらいまでがベスト。

袋の上部分が大きい方が、しばりやすいですよ。

真空保存容器で保存

真空保存容器を利用するのも便利。

専用の電動式ポンプ付きのものなら、手間なく、確実に真空状態にできます。

キャベツの千切りはもちろん、作り置きを入れておくのにも使えますね。


真空パック器を使う

 真空パック器を使うのもよいですね。

本格的なものを導入するのもよいですが、

家庭用なら、コンパクトなタイプが便利。

家でキャベツの千切りを真空保存するにはもちろん、

アウトドアシーンや旅行先に持って行っても重宝するでしょう。

ただし、専用の袋でないと使えないことも多いので、ランニングコストがかかるのがネックです。


スポンサーリンク

キャベツの千切りは冷凍保存ならさらに長持ち

キャベツの千切りは、冷凍保存がもっとも長持ちさせられます。

ただし、冷凍保存すると、栄養が抜けてしまう点がデメリットです。

キャベツの千切りの冷凍保存方法

キャベツの千切りは、冷凍保存をすれば、2週間から1カ月は日持ちします。

千切りキャベツを冷凍保存する方法はとっても簡単!

まず、千切りしたキャベツを水切りします。

キッチンペーパーを使ってしっかり水切りしておきましょう。

キャベツ、千切り、保存、真空

保存袋に入れて密閉して

キャベツ、千切り、保存、真空

あとは冷凍庫へ入れれば完了です。

小分けで冷凍しておくと、より使いやすいでしょう。

キャベツは冷凍保存だと栄養は逃げる

千切りキャベツを最も長く持たせる方法は冷凍保存ですが、

冷凍保存をすると、キャベツの栄養が逃げるというデメリットもあります。

キャベツに含まれる栄養はビタミンCなど、水溶性のものが多いです。

つまり、キャベツの栄養は、キャベツに含まれる水分の中に存在するのですが、

冷凍すると、この栄養を多く含んだ水が凍り、解凍時に流れ出てしまうのです。

千切りキャベツを冷凍する際は、金属製のトレーに載せて冷凍するなど、急速冷凍することで、

多少は栄養の流出を防げます。

 

その他 キャベツに関する記事はこちら

1人暮らしならキャベツは1玉買うべし!保存法と消費アイデアを紹介

キャベツの剥がし方・ゆで方|これでロールキャベツの下準備もOK

キャベツに黒い点があっても食べられる!食べられない場合も解説

苦いキャベツは体に良い?!原因とおいしく食べる方法解説!

キャベツが臭いときは酢水にさらす!臭いの原因と対処法を解説!

キャベツが腐るとどうなるか|使える部分の見分け方・保存の基本

変色したキャベツを食べられるかは場合による!変色を防ぐ方法も紹介

スポンサーリンク