お手玉の中身に使う植物は数珠玉!他に使われるものや歴史も紹介!

  • 2021年10月20日
  • 2021年10月21日
  • 雑学
  • 61view
  • 0件

お手玉の中身といえば、私は小豆しか知りませんでしたが

植物の実を使うこともあるのだそうですね。

お手玉に使われる植物は、数珠玉が多いよう。他にも蓮の実や茶の実も使われることもあるのだとか。

この記事では、お手玉の中身に使われる植物や、それ以外のものを紹介します。

スポンサーリンク

昔はお手玉の中身に「数珠玉」という植物を使っていた

現在アラフォーで街中育ちの私は、お手玉の中身として『数珠玉』という植物が使われることを知りませんでした。

数珠玉はどうやら、ある程度年配の方にとって懐かしい植物のようですね。

お手玉の中身だった植物『数珠玉』とは

では、「数珠玉(じゅずだま)」とはどんな植物なのでしょうか。

こちら↓が数珠玉。

お手玉、中身、植物

「数珠玉」とは、イネ科ジュズダマ属の多年草(=数年間枯れずに、毎年花が咲く草花のこと)。

日本では、本州から沖縄にかけて広く分布します。

日当たりのよい湿地によく生息し、河原の土手や道端に生えていることが多いそうです。

名前の由来は、秋になるとできる実が数珠に似ているから。

昔は、実際に、この実に糸を通して数珠のようにつなげて遊んでいだとか。

丈は1mほど。葉はトウモロコシの葉ににた鋭い形で、30~60cmほどの長さになります。

ハト麦とも似ていますが、ハト麦より実が硬い点で見分けられます。

数珠玉は江戸時代からお手玉に使われていた

お手玉の歴史はかなり古く、紀元前から遊ばれていたともいわれています。

その当時は、羊の足の骨を使っていたそうなので、今とはずいぶん見かけが異なりますね。

その後、奈良時代には石を使って、お手玉を楽しんでいたとか。

現在おなじみの、布製のお手玉で遊び始めたのは、江戸時代の後半からのこと。

このとき、布で作った袋に入れていたのが数珠玉でした。

数珠玉を使ってお手玉の他にもアクセサリーも作れる

昔は、数珠玉の実を使ってお手玉を作った他、

糸を通して遊んだそうですが、同じようにしてアクセサリーも作れます。

針や爪楊枝を使えば、簡単に穴を開けられるので、

そこに100円ショップなどで売っているテグス(ビーズアクセサリー用の伸びる糸)を通して、最後に結べば

簡単にブレスレットが作れます。

数珠玉の実は、黒の他に白やグレーなど、色に種類がありますから、

アクセサリーを作るときは、かわいくなりそうな色の実を集めるとよいですね。

子どもと一緒に、実から集めて作ってみるのも楽しそうです。

お手玉の中身の植物は「蓮の実」や「茶の実」であることも

お手玉の中身として使われる植物としては、数珠玉の他にも蓮の実や茶の実もあります。

特に街中に住んでいると、いずれもなかなか手に入りにくいし、お目にかかる機会もないので、ちょっと調べてみました。

お手玉の中身に使われるその他の植物①蓮の実

まずは、蓮の実。

こちら↓が蓮の実のお写真。穴に入った黒くて丸いのがそうですね。

お手玉、中身、植物

花が咲いて、散った後には花托(かたく)と呼ばれる部分だけが残ります。

この花托に開いた穴に蓮の実が詰まっているのですね。

蓮の実は食べることもでき、でんぷんの他に、ビタミンB1や食物繊維、カルシウムやカリウムなどが豊富に含まれています。

私は食べたことありませんが、トウモロコシのような食感と味がするそうで、スープに入れたり、炊き込みご飯にしたりして食べるとよいそうです。

お手玉の中身に使われるその他の植物②茶の実

実は、私、お茶は飲んでも、お茶の実って見たことありませんでした。

お茶の実とはこんな感じ↓です。

お手玉、中身、植物

この写真だと、ちょっとわかりづらいかもですが、茶色くて丸っこいのがそうですね。

中国のお手玉ではメジャーな中身だそうですが、日本では、お茶の産地でよく使われているそう。

サイズは、大豆よりも、少し大きめだそうです。

スポンサーリンク

お手玉の中身は他にも色々|現在一般的なのは小豆

ここまで、お手玉の中身に使われる植物を見てきましたが、他にも色々なものが使われます。

他には、どんなものが紹介されるのか、ご紹介しておきましょう。

お手玉、中身、植物

現在では、小豆が最も一般的ですよね。手にしっくりきますし、あの涼し気な音もいいです。

お米は、特に俵型のお手玉に、豊作の願いも込めて使われていたそう。

とうもろこしも、最近ではほとんど使われていませんが、江戸時代から使われていたようです。

海が近い地域では貝殻も使われてきました。沖縄などでは巻貝、日本海側ではしじみの貝殻がよく使われていたそうです。

小石も一緒に入れると、音がよくなるのだとか。ちょっとやってみたいですね。

現在では、他にペレットもよく用いられますね。

 

ちなみに、お手玉の作り方については、下記のページでご紹介しています。

意外に簡単に作れますので、数珠玉でも小豆でも中身の材料を手に入れたら、ぜひ挑戦してみてください。

お手玉は100円ショップやネットで買える!手作りも簡単!

材料を安くあげたい場合は、こちらもぜひ!

小豆の代わりに使えるお手玉の中身|激安で作れる材料を紹介!

また、小豆などを材料として使うと気になるのが、虫。

虫がわかないための対策については、下記の記事で紹介しています。

お手玉の中身の虫対策には加熱が有効!虫が付きにくい材料も紹介

スポンサーリンク