電子レンジで簡単&時短パスタ!吹きこぼれないポイント4つを紹介!

電子レンジでパスタをゆがけば、簡単、かつ時短でできてとっても便利。

しかし、意外に多いのが吹きこぼれて、レンジの中が水浸しになる問題。

後片付けを思うと、かなり厄介です。

でも、コツさえわかれば、吹きこぼさずできますよ。

スポンサーリンク

レンジでパスタ|吹きこぼれない4つのポイント

コツさえ守れば、吹きこぼさずにレンジでパスタをゆがけますよ。

ここで紹介するコツをぜひ実践してみてください。

パスタ、レンジ、吹きこぼれる

深めの容器を使う

容器は必ず深めのものを使うようにしましょう。

底が浅い容器では、水を少なめに入れたとしても、すぐに満杯になるので、こぼれやすくなります。

100円ショップで売っているレンジでパスタ用の容器なら、問題ありませんが、

家の食器を使う場合は、しっかり深さのあるものを使いましょう。

水を入れすぎない

水が多すぎると、その分吹きこぼれやすくなります。

水は400~500ccくらい入れるのが目安ですが、

100円ショップで売っている容器など、専用の容器の場合は、

水を入れる目安の線が入っているものもあるので、確認してみてください。

一方、水が少なすぎるのもよくありません。

パスタ同士がくっついてしまう原因にもなります。

油を加える

パスタ、レンジ、吹きこぼれる

さらに、オリーブオイルを大さじ2分の1ほど入れておくとよいでしょう。

鍋を使ってパスタをゆでるときもそうですが、

油を入れると、吹きこぼれの原因となる物質が乳化されるため、吹きこぼれにくくなります。

フタやラップをしない

基本的に、容器のフタやサランラップはせずに電子レンジへ入れましょう。

フタやサランラップをして加熱することが、吹きこぼれの原因になることもあります。

ただし、専用容器を使う場合、容器にふたに穴が開いているものであれば、

ふたをしたまま加熱することもあります。

一度使用方法を確認してから使うようにしましょう。

レンジでパスタ|なぜ吹きこぼれるのか

では、レンジで加熱すると、なぜパスタは吹きこぼれてしまうのでしょうか。

鍋でゆでるのであれ、レンジで加熱するのであれ、パスタが吹きこぼれる原因は、

パスタに含まれるサポニンという物質のせいです。

サポニンとは、洗剤のように、泡立ちやすい性質があり、加熱によって水に振動が加わることで、水が泡立ち、吹きこぼれてしまうのです。

スポンサーリンク

レンジでパスタ|おいしくゆでるコツ

吹きこぼれ防止のコツのついでに、おいしくゆでるコツも知っておきましょう。

加熱時間の目安

加熱時間はパスタのおいしさを左右するポイントです。

レンジを使ってパスタをゆでる場合の目安も知っておきましょう。

パスタ、レンジ、吹きこぼれる

電子レンジでパスタをゆでる際はパスタのパッケージに書いてあるゆで時間を確認。
パッケージの目安時間に、以下の時間をプラスして加熱しましょう。

【100g(1人分)の場合】

・600W…プラス4分

・500W…プラス5分

【150g(1.5人分)の場合】

・600W…プラス5分

・500W…プラス6分

塩はひとつまみ

塩はひとつまみほどが目安です。

しかし、市販のパスタソースを使うなら、ソースに十分塩分が含まれていますので、

塩は入れなくても味はしっかりしているでしょう。

健康のためにも、入れない方がよいかもしれませんね。

 

その他パスタに関する記事

パスタ100gの測り方|ペットボトルを使って簡単に量る裏技を紹介

吹きこぼれは油を入れて防止する!パスタの簡単便利技を紹介!

レンジでパスタはくっつく?!ねちょねちょする?!失敗対策を紹介

パスタとうどんの違いとは、塩分・食感・腹持ち|代用できるかも紹介

パスタがくっつくのを防ぐには|お弁当に入れるときのコツも紹介

パスタのぬめりを取らないのはおいしいから!べちゃつく場合も解説

スポンサーリンク