うがい用緑茶の作り方|カテキンをたくさん含ませるのがポイント

私は昔から風邪は喉からくるタイプ。喉が痛くなったらすぐにお茶でうがいします。祖母に教えてもらった方法です。

お茶でのうがいは、私は市販のうがい薬でうがいするより効く気がしています。特別な淹れ方をしなくてもいつものお茶でできるし、ちょっと喉の調子が悪いかな…と思ったら、わざわざ買いに行かなくてもすぐにできるのもよいところ。

適当にお茶でうがいしても効き目はありますが、知っておくとより効果的なちょっとしたポイントをご紹介します。参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

うがい用のお茶を準備するときのポイント

お茶でうがいするとよいとされるのは、お茶に含まれるカテキンに殺菌効果があるから。カテキンがより多く含まれるように準備した方がよいです。

熱湯で煎れる

お茶は水出しするよりも、熱湯で煎れた方が、カテキンは多く抽出されます。熱湯で煎れたものを冷ましてからうがいしましょう。

個人的には冷めきったお茶よりも温かめのお茶でうがいする方が、痰も切れやすく効果的な気がしてます。だからといって、熱すぎるとやけどするのでご注意を。

カテキンが多いお茶を選ぶ

お茶の種類によってカテキンの含有量が違います。うがいに使うお茶は緑茶でも紅茶でも家にあるものでよいですが、どうせならカテキンの量を増やしたいですね。身近なお茶ではカテキンの量が最も多いのは釜炒り茶。以下、多い順に、煎茶、番茶、玉露、紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶、となっています。ちなみにペットボトルの緑茶でもカテキンが入っているのでOKです。煎れたお茶でも2煎めまでなら、カテキンの量はあまり減りませんので一度出したお茶でうがいしても大丈夫です。

効果的なうがいの仕方
①ぶくぶくうがいを1~2回
②ガラガラうがいを10秒×3セット
③水で1度口をすすいで終了
ガラガラうがいをするときは「あー」と声を出しながらすると、喉の奥の方まで洗えます。

緑茶は風邪予防だけでなく、風邪を引いてしまってからも効果があるそうです。口臭予防の効果もあると言われているので、一石二鳥ですね。

うがい用のお茶の作り方のポイント

  • カテキンを多く抽出するため、熱湯で煎れたお茶を覚ましてうがい
  • お茶なら何でもよいが、カテキン含有量の多いものを選ぶとさらによい

私の風邪(のど)治療法のテッパンは、寝る前に熱い緑茶でうがい、のどにメンソレータムを塗りたくって首にタオルを巻いてよく眠る。軽いものだと、これで一晩寝たら治ります。あとははちみつ大根もやっぱり効きますねぇ。おばあちゃんの言うことを聞くのが一番です。

スポンサーリンク