パスタのぬめりを取らないのはおいしくなるから!べちゃつく場合も解説

ゆでたパスタの表面って、麺類独特のぬめりがありますよね。

うどんや素麺の場合は、流水で流すけれど、パスタの場合は流しません。

これは、ぬめりがパスタのおいしさに関係するからなんです。

この記事では、ぬめりの正体の他に、ぬめりを通り越してべちゃべちゃになってしまった場合についても解説します。

スポンサーリンク

ゆでたパスタのぬめりの正体とはでんぷん

パスタ、ぬめり

そもそも、ゆでたパスタの表面に付いた、あのぬめりの正体は何なのでしょう?

答えはでんぷん。

パスタはご存じのとおり炭水化物であり、でんぷんが多く含まれる食品です。

このでんぷんが、ゆでることで流れ出し、表面にくっ付いたのが、ぬめりの正体です。

パスタにソースをよく絡めるためにもぬめりは必要

パスタ、ぬめり

さらに、このぬめりは、おいしいパスタを作るためには必要なものです。

ぬめりの原因は、先述のとおり、でんぷんであり、糊です。

あの、ベタベタする糊です。

ベタベタするがゆえ、ソースをパスタによく絡ませてくれます。

仮にパスタのぬめりを、水で洗い流してしまうと、

この糊が取れてしまうため、ソースが上手く絡まず、味の薄いパスタになってしまうでしょう。

スポンサーリンク

ぬめりを通り越してパスタがべちゃべちゃになる場合

パスタにぬめりが付くどころか、べちゃべちゃになってしまったことがある人もいるでしょう。

なぜ、そんなことになってしまうのでしょうか?

べちゃべちゃになってしまったときの対処法と併せて見ておきましょう。

パスタがべちゃべちゃになる原因

パスタ、ぬめり

パスタがべちゃべちゃになってしまう原因は、

ずばり、低い温度の水にパスタを入れすぎてしまったせい!

鍋の中のお湯が、全く沸騰していないのにパスタを投入しませんでしたか?

低すぎる温度のお湯で長時間かけてパスタをゆでませんでしたか?

パスタは先述のとおり、お湯の中でゆでることで、でんぷんが流れ出して、表面が糊が付いたようになります。

しかし、低い温度のお湯に長い時間、パスタを入れていると、通常よりも大量のでんぷんが流れ出すことになり

ぬめりが出るどころか、べちゃべちゃになってしまうのです。

低い温度でゆでると、なかなかゆでられないし、芯が残った状態になるし、上手くゆでられません。

吹きこぼれを防ぐためにも、鍋の中がボコボコするほどの火力でゆでる必要はありませんが

沸騰するかどうかのギリギリの火力は保つようにしましょう。

ちなみにパスタの吹きこぼれについては、下記の記事で紹介しています。

こちらもぜひご参照ください。

パスタ吹きこぼれ防止は再沸騰後すぐ中火が鉄則!その他の裏技も紹介

べちゃべちゃになったパスタは炒める!

失敗して、べちゃべちゃになってしまったパスタを美味しく食べるには、パスタを炒めるのがよいでしょう。

炒めることで、水分が飛び、表面のべちゃべちゃがマシになります。

ナポリタンなんかにするのがよいですね。

ぜひ試してみてください。

 

その他パスタに関する記事

作り置きパスタが伸びないコツ|おいしくパスタを保存するには

パスタがくっつくのを防ぐには|お弁当に入れるときのコツも紹介

パスタとうどんの違いとは、塩分・食感・腹持ち|代用できるかも紹介

レンジでパスタはくっつく?!ねちょねちょする?!失敗対策を紹介

電子レンジで簡単&時短パスタ!吹きこぼれないポイント4つを紹介!

パスタ80~100gの測り方|ペットボトルを使って簡単に測る裏技

パスタはザラザラがおいしい?国産はまずい?おすすめパスタを紹介

そのパスタは大丈夫?ダニがつきやすい保存法|正しい保存法も解説

パサパサのパスタにはゆで汁が活躍!ジェノベーゼなどの場合も紹介

パスタを半分に折る場合の飛び散り予防策&ゆで時間を解説!

スポンサーリンク