CATEGORY

雑学

  • 2021年10月21日
  • 0件

小豆の代わりに使えるお手玉の中身|激安で作れる材料を紹介!

お手玉の中身といえば、小豆ですよね。 でも、小豆って意外に安くはない。 しかも、中途半端に余っても困る。 さらに、いつまでも遊ぶとも限らない。 ということで、代用品を探しているという人もいるのではないでしょうか。 小豆の代わりにお手玉の中に入れられるものは、意外にたくさんあります。 この記事では、中でも100円ショップで買えたり、無料で手に入れられられたりする素材を紹介します。 お手玉の小豆の代わ […]

  • 2021年10月21日
  • 0件

お手玉の中身の虫対策には加熱が有効!虫が付きにくい材料も紹介

伝統的な日本の遊び、お手玉。 簡単に作れるし、自分でも作ってみようと思う人もいるでしょう。 しかし、心配なのは、中に虫がわいたりしないか。 虫がわいたお手玉で遊んで、かゆくて不快な思いを子どもにさせたくありませんよね。 お手玉の中身の虫対策には、基本的に加熱が効果的。 この記事では、お手玉の中身に虫がつかないようにする予防策をご紹介します。 お手玉の中身の虫対策には加熱を! お手玉の中身といえば小 […]

  • 2021年10月20日
  • 2021年10月21日
  • 0件

お手玉の中身に使う植物は数珠玉!他に使われるものや歴史も紹介!

お手玉の中身といえば、私は小豆しか知りませんでしたが 植物の実を使うこともあるのだそうですね。 お手玉に使われる植物は、数珠玉が多いよう。他にも蓮の実や茶の実も使われることもあるのだとか。 この記事では、お手玉の中身に使われる植物や、それ以外のものを紹介します。 昔はお手玉の中身に「数珠玉」という植物を使っていた 現在アラフォーで街中育ちの私は、お手玉の中身として『数珠玉』という植物が使われること […]

  • 2021年9月2日
  • 0件

キャベツを漢字で書くと「甘藍」|日本での歴史やその他の漢字も紹介

キャベツに漢字なんてあるんだろうか?どう聞いても外来語だし… そう思うのは、私だけではないでしょう。 しかし、あるんですね。キャベツの漢字。 この記事では、キャベツの漢字や、日本に入ってきた歴史など、 キャベツについての雑学を紹介します。 キャベツを漢字で書くと「甘藍」 キャベツは、漢字で書くと「甘藍」となります。 より正確にいうと、キャベツを漢字で書くと…というよりは、和名が「甘藍」であり、「か […]

  • 2021年6月28日
  • 2021年9月2日
  • 0件

とうもろこしは漢字で「玉蜀黍」|由来や起源、実のなり方などを解説

とうもろこしを漢字で書くと「玉蜀黍」と書きます。 え?ぜんぜん、「とうもろこし」なんて読めない気がするけど??ていうか、後ろの漢字、読めません… なんでこんな漢字になったのか? この記事でhあ、とうもろこしの漢字の由来や別名、さらには起源など、意外と知らないとうもろこしの基本情報を解説します。 とうもろこしの漢字と由来 やたら難しいとうもろこしの漢字。何でこんな字になったのでしょう? ここでは、と […]

  • 2021年6月27日
  • 2021年6月29日
  • 0件

トウモロコシの粒が偶数の理由は途中で分裂するから|ほぐし方も紹介

夏になると出てくる、甘くておいしいとうもろこし。 トウモロコシの粒の数って、実は必ず偶数になるということをご存じでしたか? なぜ偶数になるのかというと、最初は一つだった実が、成長の過程で分裂するから。 わかったようなわからないような? とにかく、詳しく見てみましょう。 トウモロコシの粒の数が偶数である理由 まずは、上の写真を見てください。 トウモロコシの断面の写真なのですが、粒の根元部分にご注目。 […]

  • 2021年6月13日
  • 0件

温泉卵でサルモネラ感染リスクは?理屈上は大丈夫だが注意も必要

温泉卵は、卵が固まりきらない、独特の柔らかさがおいしいもの。 白身も黄身もおいしくて、料理にプラスすると各段に味がよくなりますよね。 でも、ちょっと心配なのがサルモネラ菌。 温泉卵は一応加熱はしているので、理屈としては心配ありませんが、妊婦さんや、免疫力の低い幼い子どもやお年寄りの方は、念のため気を付けた方がよいでしょう。 卵を食べるときに気をつけたい!サルモネラとは サルモネラは、少量でも感染す […]

  • 2021年3月7日
  • 2021年9月2日
  • 0件

つくしは漢字で「土筆」と書く|別名「筆頭菜」でも「つくし」

春になると地面から現れるつくし。 その姿を見つけると、春の訪れを実感してうれしくなりますね。 しかし、そのつくしの漢字ってどうだっけ…?ふと疑問に思って検索した方! つくしは「土筆」ですが「筆頭菜」とも書くんです。 由来もさまざまあり、古くから親しまれてきた植物でもあることが伺い知れます。 この記事では「つくし」の漢字と、名前の由来についてご紹介します。 つくしは漢字で「土筆」 つくしは漢字で「土 […]

  • 2021年3月4日
  • 2021年3月7日
  • 0件

つくしは誰の子スギナの子|違いとそれぞれの役割・花言葉も紹介

寒い冬が終わり、緑の草の中につくしの茶色い頭を見つけると、春の訪れを実感し、なんだかさらに心が躍るという人もきっと少なくないのではないでしょうか。 幼いころから、春休みに祖母とつくし摘みをするのが楽しみだった私には、つくしというと何だか懐かしく、日常に埋もれがちな小さな高揚感を思い出させてくれる植物です。 そういえばつくしって一体どういう植物なのか? ほとんど知らずに来たことに気づき、今回ちょっと […]