黒や茶色に変色のブロッコリーは大丈夫?腐っているか見分け方も解説

鮮やかな緑色が特徴の、緑黄色野菜の代表ともいえるブロッコリー。

いざ料理しようと冷蔵庫から取り出すと、何だか変な色に変わっている…

これは食べられるのか?と不安に思って、情報を探している人もいるでしょう。

黒色が気になるブロッコリーは、問題ないことがほとんどですが、

茶色いなら、少し気を付けた方がよいかもしれません。

黒や茶色に変色するのは、どういう場合なのか、また腐っているかどうかの見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

黒く変色したブロッコリーは大丈夫なことが多い

黒色が気になるブロッコリーは、食べても問題ないか、取り除くことで食べられることが多いです。

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

花蕾が黒っぽい紫なのは大丈夫

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

ブロッコリーの花蕾部分が黒っぽい紫色をしている場合は、食べても全く問題ありません。

これは冷蔵庫などで保存することで、低温の環境にさらされたことによるストレスの影響で

ポリフェノールの一種であるアントシアニンが出たために起こる現象だからです。

アントシアニンとは、主に目によいといわれる成分。もちろん体にとって悪い物質ではありません。

味も落ちるどころか、緑色のブロッコリーよりも甘味が増して、おいしくなることも。

ブロッコリーが、黒っぽい紫に変色していれば、むしろいいことの方が多いといえるかもしれませんね。

花蕾が黒ずんだり、内側が黒い場合は取り除けばOK

花蕾や葉に黒ずんでいる部分があって、ちっとも紫っぽくもない場合は

ブロッコリーが黒すす病やべと病などの病気にかかっている場合があります。

しかし、黒くなってしまった部分が一部に限られるなら、その部分を取り除けばOK!

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

黒すす病はカビの一種が原因で起こる病気です。

花蕾のところどころが黒くなります。

伝染性の病気なので、まだ黒くなっていない部分は問題なく食べられます。

病気になった部分を取り除いて調理するとよいでしょう。

スーパーなどでは、店頭に出される前にはじかれるので、ほとんど見かけないと思いますが、

家庭菜園で育てたブロッコリーの場合には、たまに見かけられるでしょう。

 

また、外側から見て何も問題がなくても、ブロッコリーを子房に分けた際に、内側の茎や花蕾が黒くなっているなら、

べと病にかかっていることが疑われます。

べと病もカビの一種が原因で起こる病気です。

黒くなっている範囲が少しなら、取り除けば食べられます。

あまりにも黒くなっている範囲が広いようなら、食べるのはやめて廃棄した方がよいでしょう。

茎に黒い斑点があるのは大丈夫

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

茎に黒い斑点がポツポツ見られる場合は、ゴマ症と呼ばれる症状です。

これは、キャベツや白菜で見られる場合と同じで、

ブロッコリーに含まれるポリフェノールが酸化しただけです。

気にせず食べて、大丈夫ですよ。

ちなみにキャベツの黒い点については、下記の記事でも紹介しました。

こちらもご興味あればご参照ください。

キャベツに黒い点があっても食べられる!食べられない場合も解説

虫であることもあるのでよく洗おう!

考えたくもないですが、黒い点は、虫であることもありえます。

ブロッコリーは花蕾が密集していることもあり、

普通に洗うだけでは、虫や汚れをきれいに落とせません。

正しい方法でしっかり洗う必要があります。

ブロッコリーの正しい洗い方については、下記記事で紹介していますので

こちらもぜひご覧ください。

ブロッコリーの虫も農薬も安心な正しい洗い方&時間がないときの方法

ゆでたブロッコリーが黒いのはアウト!

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

ゆでた状態で保存していたブロッコリーが黒く変色している場合は、

食べてはいけません。腐ってます。

もったいないですが、廃棄しましょう。

黄色に変色したブロッコリーは食べられる|茶色は要確認!

冷蔵庫の中にブロッコリーを長らく放っておくと、黄色や茶色に変色することもありますね。

黄色は問題なく食べられますが、茶色はよく確認してから調理するようにしましょう。

黄色いブロッコリーは開花しようとしている

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

ブロッコリーが黄色くなるのは、ブロッコリーの花が開こうと準備しているせい。

ブロッコリーの過食部分は、ご存じのとおりツボミであり、

自然のままにしておくと、下の写真のように、やがてたくさんの黄色い花が咲きます。

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

黄色くなるのは、この花が咲こうとしているだけなので、特に傷んだり、腐ったりしているわけではありません。

しかし、やはり新鮮な状態から時間は経ってしまっているため、

食べられはしますが、味も栄養も落ちます。

せっかく食べるのに、ブロッコリーの豊富な栄養を逃してしまうのは、とても残念。

やはり新鮮なうちに消費したいものですね。

ブロッコリーに含まれる栄養と、摂取目安については、下記の記事で紹介していますので

こちらもぜひご参照ください。

ブロッコリーの食べ過ぎはNG!デメリットと1日の目安摂取量を紹介

茶色いブロッコリーは劣化が進んでいるので注意

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

ブロッコリーが茶色く変色している場合は、かなり時間が経ってしまった証拠。

劣化が進んだ状態です。

傷んでしまっている可能性もあるので、注意しましょう。

茶色い部分が少しなら、その部分だけ切り落とせば食べられますが、

ぬめっていたり、カビが生えていたりする場合は、食べるのは諦めて廃棄した方がよいでしょう。

スポンサーリンク

ブロッコリーは加熱しすぎても変色する

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

ブロッコリーはゆでたり、蒸したりといった調理過程においても、

茶色に変色することがあります。

これはブロッコリーに含まれる色素が、加熱によって出て行ってしまったことが原因です。

食べても全く問題ありませんが、栄養は色素と一緒に、多少流出している可能性もあります。

ブロッコリーは腐るとどうなるのか

腐って食べられないブロッコリーとは、どのような状態なのでしょうか。

腐ったブロッコリーを食べてしまうと、腹痛や下痢、嘔吐などを引き起こす可能性があります。

茶色に変色している場合など、怪しい場合は、特に慎重に見極めてから調理するようにしましょう。

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

見た目:カビが生えたり、ぬめりがあったりする

食べてはいけない、腐ったブロッコリーの見た目には、次のような特徴があります。

  • 溶けている
  • ぬめりがある
  • カビが生えている

これらのうち、一つでも当てはまる場合は要注意

食べるのはやめた方がよいでしょう。

詳しくは下記の記事でも紹介していますので、不安な場合は併せてご覧ください。

ぬるぬる・ねばねばのブロッコリーは腐ってる!色や臭いが変な場合も解説

臭い:異臭がする

ブロッコリーに限らず、食べ物が腐ると臭いもします。

酸っぱい臭いやカビっぽい臭いがするなら、アウトです。

食べるのは控えましょう。

見た目は問題ないのに、雑巾臭かったり、漬物臭かったりする場合は、腐っているのではなく

ブロッコリーに含まれる成分が原因かもしれません。

ブロッコリーが臭う場合については、下記の記事でも解説していますので

該当する場合は、こちらもぜひご参照ください。

ブロッコリーが雑巾臭い?!変な匂い?!原因と対処法&対策を解説!

スポンサーリンク

ブロッコリーの保存方法と保存期間

ブロッコリーをできるだけ変色させず、新鮮な状態を保つためにも、正しい方法で保存することは大切です。

ここでは、ブロッコリーの冷蔵方法と冷凍方法、さらには保存期間についても紹介しておきます。

ブロッコリーの冷蔵保存方法と保存期間

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

ブロッコリーは、ラップに包むかポリ袋に入れ、

野菜室かチルドルームに入れて保存するのが正しい保存方法です。

花蕾の付いた房の部分から傷むので、できれば房を上にして保存しておけるとベストでしょう。

冷蔵での保存期間は、3~5日。

ゆでた状態で保存するなら、3日以内に食べきりましょう。

ちなみに常温保存はNGです。

どうしても冷蔵庫に入りきらず、常温保存せざるを得ない場合の保存方法などについては

下記記事で紹介していますので、必要な場合はこちらもご覧ください。

ブロッコリーは常温保存できない!正しい保存法などを紹介!

ブロッコリーの冷凍保存方法と保存期間

ブロッコリー、変色、茶色、黒い

生のまま冷凍保存したい場合は、

まずブロッコリーを小房に分け、水分を拭き取ってから、ラップに包みます

さらに保存袋に入れて、冷凍室へ入れておきましょう。

また、ゆでて冷凍保存してもOK

その場合は、いつもより少し硬めにゆでましょう。

冷凍する場合の保存期間は、生のまま保存する場合でも、ゆでて保存する場合でも、2週間程度が目安です

スポンサーリンク