キャベツに黒い点があっても食べられる!食べられない場合も解説

キャベツを調理しようと思ったら、黒い点々が…!!これってもうアカンやつ?!

焦りますが、これはカビではありませんし、有害なものではありません。食べられます。

この記事では、キャベツの黒い点の正体と、本当に食べられないときのキャベツの状態について解説します。

スポンサーリンク

キャベツの黒い斑点は食べてもOK!

キャベツの葉に小さな黒い点々があっても、大丈夫です。

原因としては、『内部黒変症状』と『ごま症』の二つが考えられますが、

どちらも有害な物質を発生しているわけでもないので、食べても問題ありません。

キャベツの黒い斑点=内部黒変症状

キャベツ、黒い、点

キャベツの葉を外側からはがしてみると、中の葉に黒い点々が見られることがあります。

これは、特に冬に成長する春キャベツによく見られる症状です。

寒さのために、キャベツ内部の水分が凍結し、その後急速に解凍することで、組織が壊死してしまったために起こります。

しかし、詳しい発生原因がわかっていないために、農家さんたちの対策には限界があり、

店頭で売られているキャベツでも、このような症状が見られるものが売られていることがありますが、

有害なものではありません。

食べても問題ありませんよ。

キャベツの黒い斑点=ごま症

キャベツ、黒い、点

キャベツの黒い斑点は、ごま症という症状が現れていることがあります。

いかにも病気のような名前が付けられていますが、

ポリフェノールが酸化しただけなので、こちらも有害なものではありません。

ただし、ごま症になっているキャベツは、水分が多く含んでいることが多く、

その分傷みやすいので、早めに消費してしまった方がよいでしょう。

食べられないキャベツとは|見分け方

では、食べてはいけない、傷んだキャベツは、どのように見分ければよいのでしょうか。

食べても大丈夫かどうかは、見た目、臭い、触った感じから判断できます。

キャベツ、黒い、点

食べられないキャベツ①見た目

キャベツが腐ると、葉が茶色く変色し、ずるっとした感じに溶けます

さらに進行すると、最後には黒くなり、葉だけでなく、芯の部分まで黒ずみます

食べられないキャベツ②臭い

キャベツが腐ると、他の食品と同様に、酸っぱい臭いがします。

かなり臭うので、袋に入れていても、臭いがもれでているかもしれません。

しかし、キャベツは、腐っていなくても、独特の硫黄臭を放つことがあるので、

判断に迷う場合は、見た目や触った感じも併せてチェックしましょう。

食べられないキャベツ③触った感じ

傷んだキャベツは、茶色く変色した葉がズルッと溶けます。

ぬめりがあり、全体的に柔らかく、中身が詰まっていない感じになるでしょう。

心配な場合は、こちらも併せてご参照ください。

キャベツが腐るとどうなるか|使える部分の見分け方・保存の基本

スポンサーリンク

このキャベツは大丈夫?迷いがちな症状

食べてはいけない、傷んだキャベツの特徴は、前項で挙げたとおりですが、

腐っている場合の特徴に当てはまらないものの、何だか怪しくて不安…ということもあるでしょう。

ここでは、大丈夫か迷いがちなキャベツの状態について解説します。

キャベツ、黒い、点

硫黄のような臭い→劣化してるが食べられる

鮮度が落ちたキャベツは、硫黄のような臭いを発することがあります。

これは、元々キャベツに含まれているイソチオシアネートという成分が、

メチルスルフィドという成分が原因で発生しており、

劣化している証ではありますが、食べられます。

しかし、劣化はしているので、早めに消費してしまった方がよいでしょう。

キャベツの臭いについては、下記の記事で解説しています。

こちらもご参照ください。

キャベツが臭いときは酢水にさらす!臭いの原因と対処法を解説!

 

また、イソチオシアネートは、苦味を感じさせることもあります。

キャベツを苦く感じる場合については、下記の記事で詳しく解説していますので

こちらも併せてご覧ください。

苦いキャベツは体に良い?!原因とおいしく食べる方法解説!

断面が茶色い→食べても大丈夫

カットしたキャベツの断面が、芯の部分を中心に、茶色く変色することがありますが、

これは、キャベツに含まれるポリフェノールが酸化しただけなので食べられます。

特にカットしたキャベツに見られる状態なので、

気になる場合は、葉を1枚ずつ剥いで使うようにしましょう。

ちなみに、キャベツの葉の上手な剥ぎ方については、下記ページでも紹介しています。

キャベツの剥がし方・ゆで方|これでロールキャベツの下準備もOK

また、葉が変色したときに大丈夫かどうか見分ける方法は、下記の記事でも紹介しています。

変色したキャベツを食べられるかは場合による!変色を防ぐ方法も紹介

葉の一部が紫色→食べても大丈夫

キャベツの一部分が、紫色に変色することがあります。

これは、ポリフェノールの一種である、アントシアニンが増えただけなので、食べても問題ありません。

新鮮なキャベツの選び方とは

同じ買うなら、劣化しにくい、新鮮なキャベツを選びたいもの。

ここでは、良いキャベツの選び方をご紹介します。

キャベツ、黒い、点

新鮮なキャベツかは色と重さをチェック

キャベツは、つやのある緑色をしていて、重さがあるものを選びましょう。

春キャベツの場合は、巻がゆるいものがよく、

春以外の季節に出ているキャベツの場合は、みっちり葉が詰まっているものがよいです。

カットキャベツは切り口をチェック

1/4や半玉にカットされたキャベツを買うときは、切り口に注目を。

切り口がみずみずしく、芯の長さが全体の2/3くらいあるものが新鮮です。

スポンサーリンク

キャベツを長持ちさせるための保存方法

できるだけキャベツを鮮度の高い状態で、長持ちさせるためには、

正しい方法で保存しておくことが大切です。

1玉買った場合は、芯をくりぬいて、ぬらしたキッチンペーパーを詰めておきます。

キャベツの保存方法や保存期間などについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

こちらもぜひご覧ください。

1人暮らしならキャベツは1玉買うべし!保存法と消費アイデアを紹介

 

その他キャベツについての記事

キャベツの千切りは真空・冷凍保存で長持ち|冷蔵なら栄養に注意!

スポンサーリンク